• 未来世紀ジパング
  • カンブリア宮殿
  • ガイアの夜明け
  • Mプラス
  • モーニングサテライト
  • ワールドビジネスサテライト

46:36

“日本の投資”に変革を―カリスマが明かす投資術!

2017/02/16(木)21:54

誰も予想しなかった"トランプ相場"が吹き荒れ、にわか投資家がこの波に乗ろうと投資セミナーに列を作る。しかし...そんな流行の相場には見向きもせず、驚異的なリターンを上げるカリスマがいる。その男曰く「もっと積極的に投資を!日本にはもっと値上がりする企業は山ほどある!」独自の投資哲学で勝ち続けてきた日本一のファンドマネージャーが明かす、家計が潤い、企業や日本経済を元気にする、必勝の投資術!

46:36

日本の味を守る老舗が仕掛ける 意外すぎる新戦略!

2017/02/09(木)21:54

オレンジ色のラベルでお馴染みのロングセラー商品「つゆの素」や、小分け包装された削り節「フレッシュパック」で知られる、東京のかつお節メーカー「にんべん」は、今年、創業318年を迎える“老舗企業”だ。しかし、老舗企業にありがちな保守的な企業ではない。時代の常識にとらわれず、販売、製造など様々な分野で革新を続けてきた歴史を持つ。そんな「にんべん」の13代当主となる現社長の髙津克幸も“かつお節”の消費が落ち込む現状を打破しようと、今、革新に挑んでいる。「何を守り、何を変えれば永続企業になれるのか?」300年以上の歴史を持つ長寿企業が仕掛ける、時代を生き抜くサバイバル術に迫る!

46:36

20円で肥満と飢餓の解消!一石二鳥のビジネス

2017/02/02(木)21:54

世界人口の約70億人のうち、開発途上国では約10億人が食糧不足で飢餓に苦しむ一方、先進国を中心に約20億人が過食による肥満や生活習慣病を抱えている。この“飢餓”と“肥満”の不均衡を解決するために立ち上がったのが、NPO団体のTABLE FOR TWO(TFT)だ。TFTの仕組みはシンプル。社員食堂や学食などで、低カロリーのヘルシー料理を作ってもらい、その代金のうち20円を開発途上国の学校給食(1食20円)の支援に充てるとういもの。2007年に始まったTFTの仕組みを導入する団体は年々増え続け、現在では650団体に。その寄付金をもとに、この9年間で世界7ヵ国に4300万食の給食を提供した。日本発の社会事業TFTの動きは今、色々な形で世界に広がり始めている。

46:36

自宅で安心して最期を...若き在宅医の挑戦

2017/01/26(木)21:54

「あなたは、人生の“最期”をどこで迎えたいですか?」。国の調査では、自宅で亡くなることを希望する人は7割。しかし、実際に自宅で最期を迎える人はわずか1割。その理由は、在宅医の不足、また在宅医療に対する認知度が低いことによる。その課題に取り組み、注目を集めている診療所がある。東京・板橋区に拠点を置く「やまと診療所」だ。医師で院長の安井は、在宅医療PA(医療アシスタント)という独自のシステムを構築し、多くの患者に安心して自宅で死を迎えられる医療サービスを提供している。「自宅で自分らしく死ねる。そういう世の中をつくる!」。そのミッションの下、多死時代を迎えた日本の医療、その変革に挑む若きドクターの奮闘に密着する。

46:30

「築地市場をすっ飛ばす!」超速で三方よし!鮮魚流通革命

2017/01/19(木)21:54

東京近郊の行列のできる回転寿司店。ある日の目玉は、「産地直送」獲れたばかり宮崎県産のマダイ。客がこぞって手に取った。「新鮮で身が締まっていておいしい!」。銀座の鮮魚居酒屋ではその日の朝、北海道・紋別で獲れたばかりのカレイが刺身に...。客は「とろける~」。カレイは、いわゆる「足の速い魚」で、刺身で食べるなど今までは地元以外ではなかなか実現不可能だった。それを可能にしたのが、羽田市場。大田区にあるスーパーマーケットの魚売り場でも羽田市場の鮮魚は人気の的。あの巨大な築地市場を通さない、新たな鮮魚流通革命の全貌に迫る。

46:39

ブラックからホワイトへ!“働き方革命”最前線

2017/01/12(木)21:54

日本企業が長年続けてきた“残業文化”は変わるのか?先進的な企業の取り組みからからその答えを探る。長時間残業が当たり前だったITシステム業界に“ホワイト企業”へと驚きの大変身を遂げた会社がある。SCSKは、「残業を減らせば残業代を出す」という前代未聞の方法で残業の半減に成功。それなのに、増収増益を続けている。改革を指揮した中井戸は、「従業員を犠牲にして利益を出しても一流企業とは言えない。自分の息子や娘を入れたいと思うか、が基準だ」と信念を語る。一方、“体験型ギフト”が評判を呼ぶソウ・エクスペリエンスは、副業や子連れ出勤を解禁。自由な働き方が新たな商品を生む原動力となり、売り上げを大きく伸ばしている。

1:12:13

新春拡大SP [百貨店は、まだ死なない!]

2017/01/05(木)21:54

あの伊勢丹・三越が新たな閉店を発表するなど、厳しい状況が続く百貨店業界。そんな中でも、数少ない「負けない」業績をたたき出す2社をゲストに、百貨店の未来を語る、新春の特別企画。市場の大幅な縮小が続くなか、従来の常識に囚われない斬新な発想や、地元に愛される店づくりで勝ち残ってきた彼らの変革の中に、「安さ」ではない日本の小売業の未来が見えてくる!

[注意事項]当ホームページは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されております。