• 20円で肥満と飢餓の解消!一石二鳥のビジネス
  • 2017/02/02(木)21:54
世界人口の約70億人のうち、開発途上国では約10億人が食糧不足で飢餓に苦しむ一方、先進国を中心に約20億人が過食による肥満や生活習慣病を抱えている。この“飢餓”と“肥満”の不均衡を解決するために立ち上がったのが、NPO団体のTABLE FOR TWO(TFT)だ。TFTの仕組みはシンプル。社員食堂や学食などで、低カロリーのヘルシー料理を作ってもらい、その代金のうち20円を開発途上国の学校給食(1食20円)の支援に充てるとういもの。2007年に始まったTFTの仕組みを導入する団体は年々増え続け、現在では650団体に。その寄付金をもとに、この9年間で世界7ヵ国に4300万食の給食を提供した。日本発の社会事業TFTの動きは今、色々な形で世界に広がり始めている。

この日の放送内容(選択した場所から再生します)

  • 00:00:00
  • 00:21:37
  • 00:34:53
  • 00:43:21
[注意事項]当ホームページは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されております。