町工場が生んだ魔法の鍋「バーミキュラ」の秘密

2018/02/01(木)22:00
名古屋市の町工場「愛知ドビー」が生んだ鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」がヒットを続けている。鋳物ホーロー鍋といえば、フランス製が人気の市場だったが、7年前に発売すると、「調味料を使わなくても野菜が驚くほどおいしくなる」と評判となり、一時15か月待ちになるほどの大ヒット商品となった。さらに、IH調理器を組み合わせた炊飯器「バーミキュラ ライスポット」を2016年に発売。こちらも一時入手困難となるヒット商品となっている。
これらを生み出したのは、愛知ドビー社長・土方邦裕と、副社長・智晴の兄弟。2人は、「世界一の鍋を作って下請け工場から脱却する」という目標を立てて開発に挑み、3年間の試行錯誤の末、無水調理ができる世界初の鋳物ホーロー鍋を生み出すことに成功したのだ。そして今、倒産寸前だった下請け工場は、愛知を代表する鍋メーカーへと生まれ変わっている。
“魔法の鍋”と言われるバーミキュラの秘密と、町工場の誇りをかけて挑んだ、兄弟の感動開発ストーリーに迫る。
続きを読む