ハイテクで漁師を救う!革命起こした小さな世界企業

2014/12/11(木)22:00
日本人が大好きなイカ。イカ漁は今が旬。北海道・羅臼には全国からイカ釣り漁船が集結していた。そのほとんどに搭載されているのが東和電機製作所が開発した「全自動イカ釣りロボット」だ。かつては、漁師が「シャクリ」と呼ばれる手の動きで、疑似餌を魚に見せかけて釣り上げていた。それをイカ釣りロボが、コンピューター制御で再現。次々にイカを釣り上げていく。漁師の数は激減しているが、このロボのおかげで、たった1人で漁が出来るようになり、漁獲量も飛躍的に増えた。さらに、料理屋向けの「活イカ」など、新たなイカの流通をも生み出した。東和電機のイカロボは日本で圧倒的なシェアを誇るとともに、世界各地にも輸出。そのシェアは7割と、小さなグローバル企業なのだ。
1963年、造船所の下請けとして創業した東和電機製作所。ある時、漁業を営む親類から相談を受け、簡易的なイカ釣り機を製作したのがきっかけ。ヒットするが、40ものメーカーが参入。あっという間にトップの座を奪われてしまう。そこで、浜出社長が先頭に立ち、取り組んだのがコンピューター制御のイカ釣り機だった。その開発は、漁師の名人技を自動化するため、各地の漁師のもとを訪れては試行錯誤の繰り返し…。こうした地道な努力で再び世界企業へと返り咲いた。今も漁師に寄り添う開発を続けている。イカだけではなく、さらに「自動マグロ一本釣り機」も開発。今や青森・大間のマグロ漁師の9割が使うなど、漁業の世界で革命を起こし続けているのだ。
今、漁師を苦しめているのが重油価格の高騰。船を動かすだけでなく、イカをおびき寄せるため必要な漁火も重油を使う。そこで東和電機が研究しているのが「LED集魚灯」。従来のランプに比べて燃料代が大幅に削減でき、既にサンマ漁では大活躍している。しかしイカ釣り向けの開発は、なかなか上手く行かないのが現状。実はイカはかなり目がいいらしい。そこで、東和電機は、自社の試験船で実際に漁をしながら、イカとの知恵比べに悪戦苦闘している。さらにはLEDのトップメーカー、日亜化学工業と組んで研究を進めている。「日本の漁師の腕は世界一。彼らを助けることが私たちの使命」と言い切る浜出社長。執念の開発は終わる事がない。
続きを読む