人気の「グルメ系」回転寿司チェーン女性目線で大改革

アールディーシー 会長

久志本 京子

高級魚が驚きの価格~グルメ系回転寿司とは?

 外食の激戦区、埼玉。埼玉県民が外食に使うお金は、東京、愛知についで全国3位になる。そんな埼玉には地元発祥の人気外食チェーンが結構ある。関東に169店舗を展開している「山田うどん」。「ぎょうざの満洲」は所沢が発祥の中華料理チェーンで、首都圏を中心に86店舗を展開している。「がってん承知!」という生きのいい掛け声が名物の回転寿司チェーン、「がってん寿司」もそのひとつだ。
「がってん寿司」新座店。夕食時にはウェイティングの客でいっぱいになる。この日の目玉は長崎から仕入れた生の本マグロ。大トロが2貫で600円(税抜き)。回転レーンに乗せる暇もなく注文した客の元へ。他にも贅沢に3段重ねした「大盛甘エビ」(300円)、「上トロウニ軍艦」(400円)など、ちょっとした高級感とお得感が最大のウリだ。
  海が無く、海鮮とは縁が遠そうな埼玉を地盤に「がってん寿司」は135店舗を展開。売り上げは回転寿司業界第6位に位置する。その上には「スシロー」などお馴染みの大手5社が。それらがひと皿100円を中心とした安さで勝負しているのに対し、「がってん寿司」はネタの良さで勝負する「グルメ回転寿司」と呼ばれる業態になる。コンセプトは「手の届くぜいたく」だ

バックナンバー