• “異色の企業”が名産品をつくる!
  • 2017/01/10(火)22:00
企業の得意分野の技術やノウハウを、ピンチに直面する地方で活用して、新たな「名産品」を生み出す挑戦を追う。企業にとっては、本業の“頭打ち”感を補う新たなビジネス展開のチャンスにもなる。一方で地方にとっては、雇用が生まれるだけでなく、新たな特産品が誕生し、地域の活性化につながる可能性を秘めた取り組みだ。大分県と高知県で始まった挑戦を、半年にわたって密着。その行方は−−。
 ボートに搭載するエンジンや農機具を製造・販売する「ヤンマー」。漁業の衰退で、その事業も先行きは見通せない状況だ。そのヤンマーが将来を見据えてタッグを組んだのが、大分県・国東の漁師たち。太刀魚漁などを生業にしていたが、深刻な不漁に加えて担い手の高齢化と後継者不足に悩んでいた。
 取り組んだのは、牡蠣の養殖…。北海道の厚岸、宮城、広島といった牡蠣の“有名ブランド”を相手に、あえて差別化を図る特別な牡蠣を作ろうという狙いだ。その名も、「くにさきオイスター」。責任者は、ヤンマーの加藤元一さん。
 一般的に、牡蠣の養殖はホタテの貝殻に牡蠣の稚貝を付着させて海に沈めて育てる。これに対して、加藤さんの養殖法は、牡蠣をカゴの中で育てるという育成法。成長に合わせ、生育場所を水槽や干潟、沖合の海中と変えていくキメの細かい手法だ。手間はかかるが、濃厚ですっきりとした味わいに成長するという。この冬、レストランへの出荷を目指して養殖が進んでいた。その結果は、果たして…。 
 高知・南国市。かつては“石灰の街”として栄えたが、石灰の需要減少とともに、工場は激減…。そこに本社を構える老舗・井上石灰工業は、新たなビジネスを生み出そうと動き出した。切り札は「ICボルドー」という石灰から生み出した農薬と、石灰についてのノウハウ。これらを武器に、高知ではそれまでになかった産品を生み出そうというのだ。狙ったのは、ワインの原料となるぶどう作り。奇抜とも思える、この挑戦の結末は…。

この日の放送内容(選択した場所から再生します)

  • 00:00:00
  • 00:08:59
  • 00:22:55
  • 00:28:16
  • 00:36:30
[注意事項]当ホームページは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されております。