• “世にない商品”を生み出す新手法
  • 2017/01/17(火)22:00
不特定多数の個人から資金を集めるクラウドファンディングとしては後発のマクアケが注目を集めているのは、地域の金融機関と連携をした仕組みをつくったからだ。金融機関は融資を希望している企業をマクアケに紹介、マクアケはその企業と面談、調査し、そのプロジェクトに可能性があれば、クラウドファンディングを実施する。金融機関はその結果を見て、事業としての可能性があるのかどうか判断し融資をする。手がけるのは坊垣佳奈さん。岐阜県関市にあるツカダ。プレス加工を営む地方の典型的な町工場だ。2代目社長の塚田浩生さんが考えたのが、6通りの使いみちのできる多機能のカギ型金具「キークエスト」。量産のためには資金がいるため、地元の金融機関にいくが、すぐには融資をしてくれない。そこで塚田さんはマクアケを活用してみることに。果たして塚田さんの思いは実現するのか?
マッチングネットワークサービスのリンカーズという会社がある。前田佳宏さんは同社が選んだ地方の優秀な中小企業を集結させ、大企業との橋渡しをする新たな仕組みを考えた。新しい点は各地域の中小企業の経営支援に携わり、長年にわたり信頼を築いている各地の産業支援機関や専門家の人材に目を付けたこと。彼らを介してパートナーとなる優秀な中小企業を発掘していく仕組みを構築した。現在1700人の目利きコーディネーターを確保している。現在、リンカーズが取り組んでいるのが、カルビーとの製品開発。アンテナショップ“カルビープラス”専用の機器をつくるという。店舗でポテトチップスを製造するにはじゃがいもの皮をむく機械が必要となるのだが、現在は手作業で行っているという。手作業ではどうしても効率が落ちるため、販売ロスにもつながっていた。その機械を共同開発してくれる企業を探していた。前田さんが構築した大手企業と地方中小企業のマッチングのシステムはカルビーの要求に答えることができるのか?

この日の放送内容(選択した場所から再生します)

  • 00:00:00
  • 00:04:53
  • 00:06:59
  • 00:23:51
  • 00:27:15
  • 00:43:20
[注意事項]当ホームページは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されております。