家電で“究極の味”をつくる!

2017/01/31(火)22:00
 最近の日本の家電メーカーは、すっかり元気がなくなったと囁かれる。そんな中、斬新な発想や機能を備えた家電を生み出す企業が出て来た。
 新興家電メーカーの「バルミューダ」は、他社と全く違うアプローチで開発に挑んだ。バルミューダと言えば、社長の寺尾玄さんが「常識を信じない」との信念のもと、これまで扇風機を始め、革新的な家電を世に送り出してきた。最近では価格が2万円を超えながらも大ヒットした『オーブントースター』。水蒸気を発生させることでパンをモチモチに焼き上げ、このジャンルに新たな価値を加えた。続いて発売された電気ケトルも人気に。そしてキッチン家電の第三弾が『炊飯器』だ。テーマは「美味しいご飯は“ふっくらやわらか”」を疑うこと。日本人は古来より様々な炊き方でご飯を食べてきたが、現代は電熱(IH)で炊くというのが一般的だが、バルミューダは“常識を疑って”基礎研究から始めた。これまでにない食感・味をどう作り上げるのか。
 インテリアや雑貨、衣料品など人気の高い無印良品。さらに家具や住宅まで、ジャンルを超えた商品展開をしてきた。そして最近、力を入れているのが家電。これまでは白を基調としたシンプルなデザインで、性能も価格も“そこそこ”という製品が中心だった。しかし、家電担当の池内端さんは、そんな現状を変えたいと考えていた。目標を「本当に必要とされる機能と形を追求する家電」に…真っ先に頭に浮かんだのがコーヒーメーカー。作るなら高級喫茶のマスターが淹れる味を再現する…。そのためには、プロ仕様に迫る豆の挽き方。湯の温度、湯の注ぎ方、という3つの課題をクリアしなければならない。その中でカギとなったのはコーヒー豆を挽くカッター。新潟の鋳造メーカーに製造を依頼したものの、そのメーカーにとっても初めての挑戦。果たして「究極のバリスタの味」を家電でつくり上げることができるのか?
続きを読む