再び、巨大“規制”に挑む!

2017/06/13(火)22:00
 スーパーには商品が並び、“バター不足”は解消されたようにも思えるが、消費者の目が届かないところでは依然、深刻な問題として影を落としている。そしてそこにはやはり、バターをめぐる巨大な“規制”の存在が絡んでいた…。
 2016年11月に放送した「巨大“規制”に挑む!〜明かされるバター不足の闇〜」では問題の一端を描き、それに立ち向かう人たちの挑戦を追った。今回は、「ガイアの夜明け」15周年の通年企画「ニッポン転換のとき」第三弾として、さらなる“規制”の存在を明らかにしつつ、もう一歩、バターの“闇”に切り込む。
 国内のバター不足を補うため、海外からバターを輸入しているのが、農林水産省が所管する「農畜産業振興機構」(ALIC,エーリック)。「酪農家の経営や国民の消費生活の安定」という名目で、バターの輸入業務を独占している。役員の多くは農水省出身者。
 エーリックは今年度、1万3000トンのバターを輸入することを決めている。輸入したバターは、入札という形で1キロあたり平均800円(一部ヨーロッパ産の場合)で卸業者などに販売。しかし、ケーキ店などが輸入バターを購入する際、その価格は倍近くに跳ね上がっている。また、この輸入の独占というシステムが、バター不足の一因となっているという指摘も。果たしてこれらの“規制”は、本当に生産者や消費者を保護しているといえるのか…。
 国内の規制にとらわれず、生乳を自由に販売してビジネスを拡大しようという動きも出始めている。国内のある酪農家は、農協からエサを買わず、アメリカのメーカーと直接交渉して独自で原料を仕入れている。飲んでおいしい牛乳を生産するため、エサの配合も自ら研究し続けてきた。
 その酪農家が狙うのは、海外の市場。国内ではすでに「おいしい」と評判の自らの牛乳を、海外に売り込もうと動き出していた。現地での販売価格は、1リットルパックでなんと700円を想定。品質のいい日本産の牛乳なら、この値段でも十分売れると見込んでいたのだ。
 巨大組織「農協」に見切りをつけて、世界のマーケットに新たな可能性を見出すことはできるのか?
続きを読む