大改革!ニッポンの宿

2017/09/12(火)22:00
 外国人観光客の急増などで、日本のホテル・旅館業界は活況を呈している。しかし一方で、地方の小さな旅館の多くが、廃業に追い込まれている。
そんな中、それらに目を向け、再生を仕掛けようとしている企業がある。一方、かつて銀行や仏壇店だった建物をリノベーションし、おしゃれなホテルへと再生している企業も。
これまで目を向けられなかった場所にあえて着目し、「客を呼ぶ」旅館・ホテルへと生まれ変わらせる人々を追った。
■ 破綻した伊豆の有名温泉旅館が大変身・・・再生のプロが挑んだ夏
 伊豆の有名温泉旅館「大滝(おおだる)温泉・天城荘」。滝を眺めながら入浴できる露天風呂を擁し、かつては年間10億円近くの売り上げがあった。しかし、ネット上での情報発信の遅れなどが響き低迷、約3億円の負債を抱え倒産した。その天城荘の再生に乗り出したのが、小規模旅館向けのシステム開発などを手掛ける「リバティー」だ。福原社長の指揮の下、さっそく実行に移された改革。しかし、最大の課題は後継者である若女将、田中智与(25歳)さんの育成。「真の再生とは人の再生」という福原社長は、この難題にいかに立ち向かうのか―。
■ 不動産再生のプロが、ホテル事業に挑む!
 元々オフィスビル、銀行などだった建物をリノベーションしたホテルが今、話題を集めている。その名も「ザ・シェア・ホテルズ」。石川県金沢市の1号店は、築50年の仏壇店を改装。外国人観光客に人気だという。運営するのは、マンションや戸建てのリノベーションを得意とする不動産会社「リビタ」。8月30日オープンに向け準備が進められている4号店。金沢市の築45年のオフィスビルを改装し、和テイストのホテルに再生するという。その新たな試みとは?
続きを読む