“お国柄”に商機あり!〜訪日外国人の新たな戦略〜

2015/09/15(火)22:00
ベンチャー企業「ナイトレイ」は、今年から訪日外国人の行動を「見える化」するサービスを始めた。旅行者がSNSに投稿した内容から、訪れた場所や行動を分析して地図に表示する。さっそく、このサービスを利用したいという企業が現れた。ブランド用品の販売を手掛ける「ブランドオフ」。外国人の行動を把握して、どのようにビジネスに生かすのか?一方、大阪の旅行会社「フリープラス」。訪日外国人に「国別」のツアーを用意して急成長を遂げているベンチャーだ。「外国人」と一口に言っても、国や文化圏によって、行きたい場所や、食べたいものがまるで違う。そうしたことに注目し、きめ細かな対応で人気となっている。今年、フリープラスは次の一手を打った。商品を外国人に売り込みたい企業向けに、国別のマーケットリサーチを請け負うことにしたのだ。さっそく調査を依頼しにきたのが、男性化粧品大手の「マンダム」。「男性用汗ふきシート」を中国で大々的に売り出したいと考え、まずは訪日中国人の反応を知りたいというのだ。フリープラスは中国人ツアー客に汗ふきシートを配り、調査を行うことにした。果たして、どんな意見がでるのか?また、外国人に特化した人材派遣会社「グローバルパワー」も、今年新たなビジネスを始めた。登録している4万人もの外国人を活用し、企業向けに「覆面調査」を提供しようというのだ。依頼があった店に、日本語が堪能な外国人を派遣。日本語が出来ない観光客を装い、従業員がきちんと接客できているかを調査する。さっそくグローバルパワーに覆面調査を依頼したのが、大手百貨店、大丸東京店。一体、どんな問題点が浮かび上がったのか、そして、どのような対策を講じるのか。その現場に密着した。
続きを読む