株式会社ナガワ「"不動産"の新時代」

2018/04/29(日)17:30
今回のガリバーは、ユニットハウスの製造・販売・レンタル及びモジュール建築の設計・施工を行う建築メーカー株式会社ナガワ
 
スピーディーに建てられて、建物の移動や、間取りの変更をも可能にした"ユニットハウス"は、建設現場はもちろん飲食店の店舗利用から、被災地の仮設住宅、
さらには国際的なイベントまで活躍の場は多岐に渡ります。
そんなユニットハウスの誕生は1974年。
厳しい環境に置かれた建築現場の作業員を見た創業者が問題解決革に動いたことがはじまり。
現場では組み立てるだけ、移動も撤収に楽に行えるだけというユニットハウスは、当時の建設現場には画期的なもので大ヒット商品となりました。

"建てる”から"組み立てる"という不動産の概念を変えてしまったナガワのユニットハウスやモジュール建築。
スピーディーでしかも移動や、間取りの変更も可能にした建築工法の発想の背景には、現場で起こる問題や悩みに向き合い続け、徹底した"現場"改革にあります。
人材不足や環境問題など、時代の変化と共に様々な問題は生まれる中、スピード感を持って解決策を考えていく。 
そこに柔軟なナガワの信念があり、どの業界にも通じるヒントが隠されているかもしれません。
続きを読む