• トランプ氏初会見 アメリカの雇用を守る
  • 2017/01/12(木)11:13
アメリカのトランプ次期大統領は11日、大統領選挙の後初めての記者会見を開き、アメリカの雇用を守る考えをあらためて強調した上で、企業のアメリカ回帰を訴えました。トランプ氏は会見の冒頭、アメリカの自動車大手フォード・モーターがメキシコへの工場移転計画を撤回したと強調し、ゼネラル・モーターズには「フォードに続くことを期待したい」と語りました。また、自動車業界だけでなく国外に移転する企業には「国境で巨額の税を支払うことになる」と警告し、製薬業界など産業界に国内での生産を呼びかけました。一方、貿易政策については、貿易不均衡の相手国として日本や中国などを名指しで批判しました。

Mプラス

2017/01/12(木)11:13

[注意事項]当ホームページは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されております。