• 検査妨害の疑い アレフ施設を一斉捜索
  • 2017/01/12(木)11:13
オウム真理教の後継団体アレフの幹部が公安調査庁による立入検査を妨害したとして警察は先ほどアレフの全国の施設へ一斉に家宅捜索に入りました。強制捜査が入ったのは名古屋市の教団施設のほか東京、大阪、福岡などおよそ10カ所の施設です。去年2月に公安調査庁が名古屋の施設へ立入検査に入った際、アレフの幹部ら信者5人がかばんなどを外へ持ち出して逃走した公務執行妨害の疑いが持たれています。警察は容疑が固まり次第5人を逮捕する方針です。アレフは、オウム真理教の教祖麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚への信仰心を維持していて警察では警戒を強めています。

Mプラス

2017/01/12(木)11:13

[注意事項]当ホームページは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されております。