「人出不足解消ビジネス」

2018/03/28(水)05:45
人手不足が大きな課題となっている飲食業界の人手不足解消の取り組みを取材しました。まず、東京・八王子にある喫茶店に去年導入されたのは、料理を運んでくれる「配膳ロボット」。開発担当者は店からの「人の代わりに働けるロボットが欲しい」との要請から開発に着手しました。また、去年オープンした東京・市ヶ谷のラーメン店では、店員が一人だけで営業できるように作られています。専門家は人手不足解消のカギは「AI」と「人材の有効利用」と指摘します。東京・三軒茶屋のパン店では「AIレジ」を導入、レジに関わる人員を減らすことに成功しています。最新のマッチングサービスを開発した会社も。人手が足りない店舗に余っている店舗からヘルプを出すことができ、業務の効率化につなげる狙いです。
続きを読む