任天堂 59億円赤字

2016/10/27(木)05:45
任天堂がきのう発表した、ことし4月から9月期の決算は、営業損益が59億円の赤字となりました。円高が進んだことや、ゲームソフトのヒット作品が乏しかったことで2年ぶりの赤字に転落しました。一方、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」のライセンス収入や、アメリカ・メジャーリーグのシアトル・マリナーズの株式売却で、純利益は、前の年と比べ、3.3倍になりました。
続きを読む