セントルイス連銀総裁 物価に弱気

2017/09/28(木)05:45
セントルイス連銀のブラード総裁は27日、物価の上昇が年内に持ち直す可能性は低いとの見方を示しました。中西部のミズーリ州で講演したブラード総裁は「今年に入ってからの物価の動きは『目標の2%に近づいていく』というシナリオに疑問を投げかけるものだ」と述べました。また、政策金利について、「現行の水準の維持が短期的に適切」との考えを示しました。
続きを読む