きょう衆議院解散 民進党「希望の党」に合流へ

2017/09/28(木)05:45
安倍総理大臣はきょう召集される臨時国会の冒頭で衆議院を解散します。解散後の総選挙をにらみ民進党の前原代表が小池知事らが立ち上げた「希望の党」に合流する方針を固めるなど各党の動きが活発化しています。安倍総理は衆議院を解散して消費税の使い道の見直しや緊迫化する北朝鮮問題の対応について国民の信を問いたい考えです。与党は、きのうも幹部会合を開き衆院選に向けての結束を確認するなど着々と準備を進めています。こうした中、東京都の小池知事などが立ち上げた新党「希望の党」はきのう、設立会見を開き、「しがらみ政治からの脱却」などを盛り込んだ綱領を発表しました。この動きを受けて、民進党の前原代表は、衆院選の候補者について希望者は「希望の党」から出馬させるという事実上の合流方針を固めました。前原代表は、きょう開かれる両院議員総会で合流について説明をする方針ですが、党内からの反発は避けられないものとみられます。衆院選は来月10日公示、22日に投開票が行われます。
続きを読む