ヤマト 初の中間営業赤字

2017/11/01(水)05:45
宅配便最大手のヤマトホールディングスが上場以来初めて中間決算で営業赤字に転落しました。ヤマトホールディングスが発表した2017年9月の中間決算は営業損益が128億円の赤字となりました。未払い残業代の費用に加え、人手不足を背景に人件費や外部委託費などがかさみました。また、ヤマトによりますと大口の法人顧客およそ1,000社と値上げ交渉を進めていますがこれまで9割の企業と交渉を終えた結果、100社以上が値上げを受け入れず、他社に移ったということです。
続きを読む