独 2大政党 大連立へ合意

2018/02/08(木)05:45
ドイツで7日、メルケル首相率いる与党、キリスト教民主・社会同盟と第2党の中道左派、社会民主党が大連立政権を目指すことで合意しました。合意文書によりますと社会民主党は財務相のポストを獲得し、対EU政策を従来の緊縮財政路線から投資重視に転換する考えです。メルケル首相は会見で「国民は安定した政権の樹立を期待している」と安定政権の早期発足に意欲を示しました。ただ、社会民主党は、今後すべての党員による投票で連立入りの承認を求める予定で、政権発足は早くても3月中とみられています。
続きを読む