上場以来 初の黒字

2018/02/09(金)05:45
アメリカのツイッターが発表した去年10月から12月期の決算は、2013年の上場以来、四半期で初めての黒字となりました。売上高は1年前に比べ2%増加し、一株利益も予想を上回りました。地域別ではアメリカの売上高が減少した一方、海外では日本が34%増えました。月間の実質利用者数は3億3,000万人と、前期から横ばいでした。この決算を受けてツイッターの株価は一時30%上昇しました。
続きを読む