神戸製鋼 社長ら辞任

2018/03/07(水)05:45
神戸製鋼所は6日記者会見を開き、アルミなどの製品データ改ざん問題の責任を取って川崎博也会長兼社長と金子明副社長が辞任すると発表しました。神戸製鋼はデータ改ざんに関する最終報告書も公表し、2人の元役員が、役員に就任する前に不正に直接関与していたことを明らかにしました。また、新たに6つの拠点での不正が判明し、データ改ざんがあった製品が新たに163社に出荷されていたことも分かりました。神戸製鋼は、近く開かれる取締役会で次期社長を決定し、信頼回復に努める方針です。
続きを読む