英医薬品グラクソ ノバルティスから大衆薬事業買収

2018/03/28(水)05:45
イギリスの医薬品大手グラクソ・スミスクラインは27日、ヨーロッパの医薬品最大手、スイスのノバルティスから、処方箋なしで購入できる大衆薬の合弁事業を買収し、完全子会社にすると発表しました。今回買収する事業には、歯磨き粉や頭痛薬などの大衆薬が含まれ、買収額は130億ドル、およそ1兆3,700億円で、株式の36.5%を取得します。グラクソ・スミスクラインは、今回の買収を含む、大衆薬ビジネスの強化により、2022年には大衆薬事業の営業利益率が20%台半ばに達すると予想しています。
続きを読む