いま注目!コメの新素材とは

2015/12/16(水)23:00
東京・銀座の百貨店にある「あめや えいたろう」では、素材の味が楽しめる飴が人気を集めている。その飴に使われているのが「ピューレ」と呼ばれる野菜や果物を半液状にしたものだ。このピューレを製造するのがベンチャー企業「ネピュレ」。独自の技術を使い「ピューレ」を製造、食品メーカーから注目を集めている。その中でも最も熱い視線が注がれているのがコメを使った「コメネピュレ」。この「コメネピュレ」は秋田県・大潟村の「あきたこまち生産者協会」のコメを使って作られている。作り方は、水に浸したコメを高温蒸気で蒸し、特殊な機械で遠心力をかけるとできあがる。「コメネピュレ」は水分を多く含みながらも、形をしっかりと維持できるという性質のため、つけ麺やシュークリーム、ジェラートなどに使用されている。自民党の小泉進次郎議員もその実力を認めている。ネピュレは今後もコメネピュレを使った新商品を市場に出して行く予定だ。


取材先

・ネピュレ

・自民党

・大潟村あきたこまち生産者協会
続きを読む