全日空のミャンマー新戦略

2016/03/21(月)23:00
アウン・サン・スー・チー氏率いる、ミャンマーの与党、国民民主連盟(NLD)による新政権が今月末に発足します。軍事政権から移行し、今後、大きな成長が見込まれるミャンマーですが、この国にいち早く路線を開設したANAが、新たな一手に打って出ていました。ANAは、ヤンゴン空港の職員15人を受け入れ3年間の研修を始めました。研修費用は全てANAの負担で、職員たちには給料も支払っています。こうした全面的な支援の狙いは、将来の「路線拡大」にあるとみられています。ANAは、こうした先手を打つことで、ライバルJALなどに対抗していく考えです。


取材先

・全日空

・ミャンマー航空局

・全日空研修生
続きを読む