企業が素人に広告依頼 ユーチューバーとは

2014/02/05(水)23:00
動画投稿サイト「ユーチューブ」に動画を投稿して、その広告収入を受け取る「ユーチューバー」と呼ばれる個人が増えている。料理の様子などを動画で公開して月に数十万円の収入を得る夫婦や、塾に通えない子供のために無料授業の動画を投稿し、これが人気となって広告収入を得るようになった元塾講師など。
また、この個人動画の発想力に着目した企業が、自社の製品広告の動画制作をユーチューバーに依頼する動きが始まっている。パナソニックは日本一寒い夜を体験するという北海道陸別町の「しばれフェスティバル」にユーチューバーを呼び、エアコンの暖房効果を伝える広告動画の制作を依頼。一方、すでにユーチューバーの広告を使って成果をあげたレオパレス21の取り組みも紹介する。


取材先

・個人ユーチューバー

・パナソニック

・レオパレス21

・グーグル
続きを読む