• 急増ソーシャルギフト
  • 2014/12/05(金)23:00
これから本格化するクリスマス商戦を前に、新しい形のプレゼントが登場しています。それは、マイシェフというシェフの出張サービスのギフトです。今後働く女性が増えると家事や育児などの代行ビジネスの需要が高まるとみて11月にサービスを始めました。こうしたネットで商品を購入しSNSなどを通じてプレゼントを贈る、ソーシャルギフトのサービスの市場が今急拡大しています。無料通信アプリを手掛けるLINEは、11月にLINEギフトというサービスを開始しました。また、12月には、フォトブックなどを展開するアスカネットが、ギフトネットコムのサービスを始めました。これは贈ったカードの金額が相手にはわからなく、SNSや郵送でオリジナルのギフトカードなどが贈れ、クラウド上のECサイトで商品を交換できるものです。3年から5年で200億から300億円の売り上げを見込みます。

取材先

・マイシェフ

・LINE

・アスカネット

ワールドビジネスサテライト

2014/12/05(金)23:00

[注意事項]当ホームページは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されております。