プログラマー求む

2014/12/19(金)23:00
IT業界では技術者の人材不足が慢性化し、深刻な状況となっていますが、ユニークな取り組みでその突破口を見つけようとする動きが広がっています。パソコンのプログラミング教室を運営する「ライフイズテック」は「ITドラフト会議」を開きました。IT企業7社の人事担当者が集まり、プログラミングを得意とする学生を指名していきます。指名された学生にはその企業のインターンシップ参加権などが与えられるとうことで、盛り上がりを見せました。また、成田市立豊住小学校ではロボットを動かす「プログラミング」の授業が行われました。スマートフォンを使って、視覚的にわかりやすくプログラムが組めるということで児童たちは楽しく学んでいました。


取材先

・ライフイズテック

・成田市立豊住小学校
続きを読む