吉野家×人工知能 ベンチャー企業に賭けた理由

2015/03/26(木)23:00
牛丼チェーン吉野家が人工知能搭載型アプリ「Tamecco(タメコ)」のサービスを4月から始めると発表しました。タメコをダウンロードすると吉野家に来店するだけでポイントや特典などが得られるというものです。
タメコのコンテンツ配信は個人個人にあわせて配り分けることが特徴です。よく行くお店などの行動パターンやその人がいまどこにいるか把握する地理的状況、クーポンに対する反応が高いか低いかなど、すべてを人工知能が分析。個人個人の趣味嗜好にあわせて配信し、それぞれの人にとって迷惑メールにならないようにすることを狙っています。
開発企業のタメコではNASAの出身者など世界から集まってきたスペシャリスト集団で、人工知能の開発を行っています。吉野家の河村社長はタメコ導入の理由について「アマゾンや楽天などネット企業がやっていることをリアルでやりたかった」と話し、利用すればするほど客にとって便利で心地よいコンテンツを配信することで吉野家グループ全体で集客をしていきたいとしています。


取材先

・吉野家

・タメコ
続きを読む