広がる人工甘味料ゼロの裏側

2015/07/17(金)23:00
サッポロが6月に発売した「ゴクハイ」は人工甘味料ゼロが特徴です。他のメーカーからも人工甘味料ゼロを打ち出す商品が次々と出ています。去年、科学誌「ネイチャー」にイスラエルの研究チームが人工甘味料によって、逆に糖尿病や肥満といった生活習慣病のリスクが高まる可能性を指摘した論文を掲載しました。人工甘味料のアスパルテームの世界シェアトップの味の素は「安全性は証明されている」といいます。アメリカの食品医薬品局=FDAもアスパルテームは安全だと認めています。しかしペプシコはアメリカで8月から「アスパルテーム」を使わない「ダイエットペプシ」を発売します。人工甘味料ゼロが広がる中、せっけんメーカーのサラヤは中国でとれる羅漢果という果物をつかって「ラカント」という天然甘味料をつくりました。ここ数年、売り上げは二桁増を続けていて、現在、5億円を投資して中国の桂林市に新工場を建設中です。


取材先

・サッポロ

・小杉中央クリニック

・味の素

・サラヤ

・アトリエ・ヨロイヅカ
続きを読む