• 未来世紀ジパング
  • カンブリア宮殿
  • ガイアの夜明け
  • Mプラス
  • モーニングサテライト
  • ワールドビジネスサテライト
最初から見る
ラインアップ(ニュース単位で再生します)

7:56

新車が続々登場! 輸入車の攻勢は続くか?

去年1年の国内の自動車販売台数は、約497万台と5年ぶりに500万台を割る中、輸入車の販売は堅調で34万台にまで増えています。去年、輸入車販売台数でトップに輝いた「メルセデス・ベンツ」が、新車の発表会を開きました。人気のSUV「GLC」のクーペタイプです。新車の投入でメルセデスは、国内での展開が、31車種になります。今回は、女性にアピールするため、化粧品大手の「ポーラ」とタッグを組みました。安全性を売りに、日本で2年連続で販売台数を伸ばしているスウェーデンの「ボルボ」も最高級ラインの新車を3車種一斉に発売しました。この新車に世界で初めて標準装備されたのが「大型動物検知機能」。20年までに自社の車による交通事故死亡者ゼロを目指します。

4:23

花粉・ハウスダスト対策で… 注目の新物質が登場!

22日、東京都内で「ハイドロ銀チタンで未来をつくるプロジェクト」が立ち上がりました。「ハイドロ銀チタン」と呼ばれる物質を開発したDR.C医薬が呼びかけ、大手スポーツ用品メーカーのミズノやアパレルメーカーのはるやまホールディングスなど、総勢12社が集結しました。各社がいま、製品化に力を入れている「ハイドロ銀チタン」は花粉やカビ、ハウスダストなどのタンパク質を吸着し、分解することで水分へと変化させる物質です。マスクなどに使えば、花粉症の症状の軽減などが期待させています。また、人の汗や皮脂などのタンパク質も分解するため、衛生面や臭いの気になるタオルや衣料品などへの活用も広がりをみせています。タオル専門店では22日から「ハイドロ銀チタン」を使ったタオルが店頭に並びました。価格は通常のタオルの2倍近くですが、客の反応は上々のようです。

5:19

百条委員会設置 可決 小池知事のブレーンに直撃!

きょう開会した東京都議会。小池知事は初の施政方針演説で東京五輪の仮設施設の整備費用について、東京以外の会場も含め、負担を受け入れる考えを明らかにしました。そして今回の都議会の最大の焦点が豊洲市場の移転問題です。強い調査権を持つ百条委員会の設置案は全会一致で可決。用地購入当時の石原元都知事や浜渦元副知事の証人喚問を3月18日から20日の間で行う方針です。知事の政務担当特別秘書、野田数氏は、百条委員会の自民党の委員には、石原元都知事と近い議員が多く入っているため「追及が“なあなあ”なものになる」と指摘します。責任追及の立場が2分されるため都民のチェックが必要だといいます。この議論の行方が都議選に大きな影響を与えるとみています。さらに小池知事が主導する都民ファーストの会は都議選で単独過半数を狙っています。野田氏は自民系の議員の切り崩しには慎重な立場だと言いますが水面下では引き抜きもあるようです。

10:17

宇和島ブリを世界へ!

今、外国人観光客に人気の寿司ネタが「ブリ」。しかしブリは、生臭さが残るなど「冷凍向きではない」とされ、輸出には課題がありました。その課題に挑むのが、愛媛県の『宇和島海道』。この会社は、三井物産、新潟の魚加工会社のオンスイ、宇和島の養殖会社のダイニチが共同で立ち上げた会社です。三井物産は、こうした知られざる地方の技術の発掘に力をいれています。宇和島の養殖ブリを世界に広めるため、使うのは『超冷薫』という技術。ブリの生臭さの原因は血ですが、『超冷薫』技術を使うと100%血液を除去でき、冷凍しても生臭さが残りません。宇和島海道立ち上げに携わった三井物産の小林さんは、この技術によって、日本のブリが十分広がっていく可能性があると話します。取材先・三井物産・ダイニチ・オンスイ

0:45

安倍総理「解決に全力」

安倍総理大臣はきょう、北朝鮮による拉致被害者の家族などと面会し、国際社会と連携しながら、拉致問題の解決に向けて北朝鮮に対話を迫る考えを示しました。いっぽう、家族会は、今年中の被害者全員の救出を強く訴えました。ただ、金正男氏の暗殺やミサイル発射など、北朝鮮情勢は不安定で、解決への道筋は不透明です。

0:46

“カジノ王”が日本投資

マカオのカジノ王の息子が来日し日本のカジノ市場進出に向け強気の投資プランを明かしました。マカオなどでカジノを運営するメルコ・クラウン・エンターテインメントのローレンス・ホー会長は今日、大阪で構想している複合型リゾート施設の完成イメージ図を初公開しました。日本でのカジノ運営解禁をにらみアメリカのラスベガス・サンズは1兆円規模の投資を行うと明言していますがホー会長はそれ以上の投資の可能性があることを示唆しました。

0:45

世界最大規模で指紋決済

日本のベンチャー企業「リキッド」が、指紋だけを使った決済サービスを世界最大規模で展開することが、テレビ東京の取材でわかりました。インドネシア最大の財閥「サリムグループ」と合弁会社をつくり、サリムグループ傘下のコンビニチェーンの店頭などで指紋を登録すれば手ぶらで買い物できるサービスをまもなく始めます。また、グループ傘下の銀行ではカードや暗証番号を使わずに、指紋のみで本人確認をできるサービスなども展開する計画です。まずはサリムグループの従業員50万人を対象に今週末から指紋登録を進め、初年度で指紋の登録者は100万人規模になることを見込んでいます。

0:32

「森友学園理事長の参考人招致を」

大阪・豊中市の国有地が評価額よりもおよそ8億円安く学校法人「森友学園」に売却された問題をめぐって、民進党は、森友学園の籠池理事長の国会への参考人招致を求めました。自民党は「今後の審議状況を見守る」として応じませんでした。いっぽう、菅官房長官は土地取引について「法令等に基づき適正に処分した」と改めて強調しました。

0:32

中国で不動産価格が沈静化

中国政府がきょう発表した1月の新築住宅価格指数は、主要な70都市のうち、45の都市で前の月から上昇しました。上昇した都市の数は1ヵ月前の発表よりも1都市減りました。このうち不動産の高騰が懸念されていた上海や北京などの大都市で価格は横ばいか、下落傾向を示していて去年秋ごろから各地で実施されている住宅の購入抑制策の影響が広がってきています。

0:28

大使館職員を航空会社職員が関与か

北朝鮮の金正男氏が殺害された事件で、マレーシア警察はきょう、北朝鮮大使館の書記官と高麗航空の職員が事件に関与した疑いがあると発表しました。一方、マレーシアの北朝鮮大使館は、警察の捜査を批判するとともに、逮捕された北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル容疑者や実行犯の女2人の即時釈放を求めました。

2:47

人工知能搭載 自宅で作る「鉄腕アトム」

きょう、姿を現したのは、あの「鉄腕アトム」。作者の手塚治虫生誕90周年を記念し、最新のAIを搭載し、コミュニケーション・ロボットとして登場した。最大で12人までの顔を認識し、会話内容も成長していくという。このATOMは、5社の共同開発。デザインなどの監修は、手塚プロダクションが、電気系統の基板などは、電子デバイス開発を行うVAIO。顔認識を行う人工知能は、ソフトウェア開発会社の富士ソフトが担当し、会話の機能などをNTTドコモが提供する。そして、講談社の売り方も特徴がある。分冊百科という方法で、一つのテーマを定期的に分けて販売する仕組みだ。このATOMも、週刊で全70巻、毎号ついてくるパーツを組み立てて、自分で作っていく。4月に発売される。この分冊百科市場は、発刊される数の減少に伴い落ちているが、近年は横ばいを維持。その他の雑誌が1年で1割ほど売り上げを落としている中、注目されている。

3:14

【トレたま】教えなくても作業するロボット

【商品名】ビジョンチップによる高性能ロボット【商品の特徴】ロボットに動きを教えなくても、高速画像処理することで作業をおこなう産業ロボットを開発【企業名】東京大学【住所】文京区本郷7-3-1工学部6号館2階215号石川教授室【価格】未定【発売日】未定【トレたまキャスター】北村まあさ

0:25

明日の経済と解説

【コメンテーター】木下智夫氏(野村証券チーフ・マーケット・エコノミスト)

[注意事項]当ホームページは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されております。