東芝6,000億円増資完了

2017/12/05(火)23:00
経営再建中の東芝は、およそ6,000億円の第三者割当増資が完了したと発表しました。今回の資金調達で東芝は債務超過を解消し、半導体メモリー事業の売却が遅れても上場廃止を回避できる見通しです。ただ、増資の引き受け先には「旧村上ファンド」出身者が率いるエフィッシモ・キャピタル・マネジメントなど「物言う株主」と呼ばれる海外ファンドが名を連ねていて今後、東芝の経営に圧力をかける可能性があります。
続きを読む