水素拠点整備へ新会社

2018/03/05(月)23:00
オールジャパン体制で燃料電池車の普及を目指します。トヨタ自動車や日産自動車、JXTGエネルギーなど11社は、燃料電池車向けの水素ステーションを整備するための新しい会社を設立しました。社名は「日本水素ステーションネットワーク」で国の補助金も活用し2021年度までに80ヵ所の水素ステーションを建設する計画です。政府は、2020年までにおよそ4万台の燃料電池車を普及させる目標を掲げていますが、去年末時点でおよそ2,300台と目標達成は困難な状況です。
続きを読む