大成から他社資料を押収

2018/03/05(月)23:00
リニア中央新幹線の工事をめぐる談合事件で、東京地検特捜部が大成建設以外のゼネコンが作成した工事に関する資料などを大成建設から押収していたことが分かりました。大手ゼネコン4社は、技術に関する資料を作成し、その情報を共有していたとみられていて、特捜部は、引き続き、工事の入札について実態の解明を進めています。
続きを読む