健康に無関心な人も… タニタが新業態店

2018/03/08(木)23:00
健康機器メーカーのタニタが、食堂に次ぐ新たな業態を本格展開すると発表しました。タニタが新たに展開するのは、心の健康づくりをテーマにしたカフェです。すでに新潟県などエリアを限定して営業していますが、5月下旬に東京の有楽町に旗艦店をオープンします。タニタは今回、楽天が運営する農業サービス「楽天ラグリ」と提携し、旬の有機野菜を使ったサラダボウルなどオリジナルのメニューを提供します。目玉となるスムージーは有機小松菜のほか、大きめにカットした果物や豆腐を入れ、よく噛んで満腹感につなげることを意識しているといいます。現在、全国で30店舗を展開するタニタ食堂では、健康意識が高い人からの支持を集めていましたが、タニタカフェは裾野を拡大。5年で100店舗の出店を目指します。
続きを読む