改憲で賛否 各地で訴え 96条改正が焦点に

2013/05/03(金)23:00
憲法記念日の3日、自民党や日本維新の会、みんなの党などの議員が、東京都内で開かれた憲法改正派の討論会に参加しました。討論会で自民党・中谷議員は 「政治・国会が国民の選択、決定権を奪っているのではないか」と述べました。一方、連立を組む公明党の山口代表は都内で街頭演説を行い「議論が成熟しない中、96条だけ変えてしまうというのは、国民には馴染まない」との考えを示しました。また、共産党や社民党の議員など護憲派も都内で集会を開いたあと、銀座でパレードを行いました。
続きを読む