集団的自衛権の行使 「憲法解釈見直しで可能」

2014/02/05(水)23:00
安倍総理大臣はきょう、参議院の予算委員会で集団的自衛権の行使について、「政府が適切な形で新しい解釈を明らかにすることによって可能だ」と述べ、憲法解釈の見直しに改めて意欲を示しました。また、尖閣諸島や竹島について、「教育指導要領に固有の領土と明確に書くことが重要だ」と述べた上で、「海外で子どもたちが論争したとき、しっかり日本の考え方を述べられることが重要だ」と強調しました。
続きを読む