税収53.9兆円 21年ぶり高水準

2015/07/03(金)23:00
財務省が発表した一般会計決算の概要によりますと、2014年度の国の税収は53兆9,707億円と、1993年度以来、21年ぶりの高い水準となりました。前の年度より増えた7兆円のうち、5兆円程度は去年4月の消費税率の引き上げによるものです。また、企業業績の改善を背景に法人税が伸びたほか、株高で株式の譲渡益が増えるなど所得税も伸びました。
続きを読む