ドローンで害虫駆除 佐賀県が「IT農業県」宣言

2015/08/27(木)23:00
佐賀県は27日、佐賀大学やベンチャー企業のオプティムと連携し、農業のIT化を推進すると宣言しました。佐賀県は土地の2割が農業の耕作地で有数な農業県ですが、農業の担い手不足や技術の伝承が深刻な課題になっています。IT農業ではドローンを活用し農地を空から撮影します。撮影した映像をクラウドで画像解析すると作物の葉の色を識別でき、害虫による病害などを人が見回らなくても早期に発見できます。また、メガネ型のウエアラブル端末を使い、遠隔地からベテラン農家が指示することで経験の浅い若い人でも簡単に収穫の判断をできるようにします。
続きを読む