依存症患者らパレード 酒・たばこ年齢引き下げに異議

2015/09/23(水)23:00
東京・新宿できょう、アルコールやギャンブル、薬物などの依存症の人やその家族などがパレードし「依存症は病気で、適切な治療を受ければ回復できる」と訴えました。参加した人たちは、今月、自民党が飲酒や喫煙が可能な年齢を20歳から18歳に引き下げる検討を始めたことに強い懸念を示しました。
続きを読む