軽減税率の大枠決定先送り

2015/09/25(金)23:00
消費税率を10%にする際の負担軽減策をめぐって、自民党と公明党は、制度案のとりまとめ時期を当初の「秋口」から先送りすることを決めました。きょう開かれた与党の税制協議会では、財務省の示したマイナンバーを活用した還付制度案について、公明党が反対を正式に表明しました。食品など一部の商品の税率を低く抑える軽減税率案にこだわる公明党と、財務省案も議論すべきとする自民党との間で溝は埋まりませんでした。協議は10月半ばに再開する見込みです。
続きを読む