元経産官僚 転身で存在感!

2016/05/20(金)23:00
電気自動車開発ベンチャーの「リモノ」が超小型電気自動車の試作車を発表しました。大人2人が乗れて“カワイイ”を追求したデザインの車です。車体はクッション性のある素材をテントなどに使われる記事で包んだものでできています。リモノの伊藤慎介社長は15年間勤務した経済産業省を辞め2014年に起業、国家政策からものづくりの現場に転身しました。高松市のプロバスケットボールチーム「ファイブアローズ」の星島郁洋社長も元経産省のキャリア官僚です。10年に約8,000万円の負債を抱えたチームの社長に就任し、再建に奔走しています。また、広島県知事も元官僚で、00年に通信会社を設立した人物です。広島県知事は経産省の官僚は組織を飛び出して活躍する人が増えていると話します。
続きを読む