1都3県 「住みやすい街」トップは?

2017/12/06(水)23:00
きょう住宅ローン専門の金融機関「アルヒ」が1都3県の「本当に住みやすい街」トップ10を発表しました。実際に住宅ローンを借り入れた顧客のデータを基に、専門家が、周辺の環境や今後の発展性などを評価して選びました。3位に選ばれたのは「赤羽」。京浜東北線や湘南新宿ラインなど6つの路線が乗り入れ、物価や住宅価格も比較的手ごろです。さらに高い評価を得たのが街の「発展性」。老朽化した赤羽台団地は大規模な建て替えが進んでいて、その隣には今年4月に東洋大学が新しいキャンパスを開設しました。今後も街に若い世代が増えそうです。2位は「勝どき」。東京オリンピック・パラリンピックに向けた再開発に期待が集まっています。1位は「南阿佐ヶ谷」。新宿や大手町を通る東京メトロ丸ノ内線の駅があり、徒歩圏内にはJR中央線の阿佐ヶ谷駅もあります。また待機児童が少なく子育て環境も整っている街であることも高評価につながりました。
続きを読む