確定申告の季節 仮想通貨の所得はどうする!?

2018/02/06(火)23:00
来週金曜日から所得税の確定申告の受付が始まりますが、注目されるのは、去年、相場が大きく上昇したビットコインなどの仮想通貨による所得です。クラウド型の会計ソフトを手がけるfreeeが開いた、仮想通貨の取引をする個人向け確定申告のセミナーには300人が参加。取引で出た利益は雑所得として扱われることや、最高で55%の税率がかかることなど、国税庁のガイドラインに基づき説明がありました。個人投資家の黒田さんはビットコインの価格が大きく値上がりして得た利益で、リップルやイーサリアムなど10種類ほどの仮想通貨を購入しました。国税庁の指針によれば、仮想通貨を別の仮想通貨と交換した際にも、その時の価格と、購入したときの価格の差額を「所得とみなす」、つまり課税するといいます。実際いくら税金を払うことになるか、気がかりだといいます。
続きを読む