義理チョコめぐる仁義なき戦い

2018/02/07(水)23:15
バレンタインの季節ですが、ゴディバは新聞広告に「日本は義理チョコをやめよう」という異例の広告を展開しました。いま、嫌々、めんどくささを感じながら義理チョコを渡す女性もいるからだといいます。青山にあるゴディバの店舗はまさにバレンタイン一色です。義理チョコ廃止を掲げたゴディバですが、店内には300円程度の義理チョコを意識したような商品も並びます。ゴディバのシュシャン社長は「気持ちがない義理チョコには違和感を感じる。気持ちが大事という自分の会社の理念を伝えることで客がくる」と斬新な広告をうった理由を説明します。一方、ブラックサンダーはゴディバと真逆の戦略で、義理チョコを前面に出した店舗で攻勢を強めます。
続きを読む