政府・与党 「森友文書」原本提出を検討

2018/03/08(木)23:00
財務省は今日の国会に、森友問題の疑惑の焦点となっている決裁文書の写しを提出しましたが、以前に国会議員に示したものと同じものだった上、書き換えの有無についても明言しませんでした。これに対し、野党は「状況はむしろ後退している」などと反発し、参議院予算委員会を欠席しました。野党の反発で国会の混乱が続くなか、政府・与党は、押収された文書の原本、もしくはその写しを刑事訴訟法に基づいて、大阪地検に開示を求め、国会に提出する検討に入ったことがテレビ東京の取材で分かりました。法務省幹部から政府与党に対し「手続きを踏めば資料提出は不可能ではない」と説明があったということです。安倍総理大臣も今日の国会で前向きに答弁したほか、昨夜の二階幹事長との会談でも、「出せる紙は出したほうが、むしろ疑われなくて済む」と前向きな姿勢を見せたということです。
続きを読む