人生100年時代迎え 終活トレンドは“ワンストップ”

2018/03/08(木)23:00
葬儀関連事業を手がける「みんれび」が今月から始めたのは、老後の相談から葬儀の予約、墓の手配、遺品整理までをワンストップで展開するサービスです。近所付き合いなどが薄れてきている今、どこに聞いたら良いかわからないといった声から生まれました。みんれびはこれまで「火葬のみ」といったシンプルな葬儀を割安で手配したり、大手通販サイトで僧侶を派遣する「お坊さん便」を販売するなど、様々な終活関連サービスを展開してきました。今後、“ワンストップ”でサービスを展開することでコスト削減にもつながるといいます。一方、影響を受けているのが既存の寺院です。築地本願寺は去年、プロントと組みカフェをオープン。葬儀や法事での利用者が減少するなか、信仰や宗派を問わず、寺に気軽に訪れてもらうことが狙いです。また、築地本願寺で合葬墓を申し込んだ人を対象に終活のワンストップサービスを開始しています。
続きを読む