関東学生アメフト連盟 日大前監督ら2人を「除名」

2018/05/29(火)23:00
日本大学アメリカンフットボール部の選手が試合中に悪質な反則をした問題で、関東学生連盟がきょう記者会見を開き、内田正人前監督と井上奨前コーチを最も重い「除名」処分とすることを発表しました。関東学生連盟は関係者からの聞き取りや、試合映像を調査した結果、内田前監督の「悪質なタックルは指示していない」などとする一連の発言が虚偽であるとして、監督とコーチの除名処分を決定しました。さらに、反則せざるを得ない状況に選手を追い込んだとして「指導者として失格」と発言しました。また、プレーに関与した宮川泰介選手、日大アメフト部に対しても今年度の公式試合の出場資格を停止する処分を下しました。
続きを読む