まもなくスタート 日米 新貿易協議の行方は…

2018/08/09(木)23:00
日米の新たな貿易協議がワシントンで始まります。協議に臨むのは、茂木経済再生担当大臣とライトハイザー通商代表です。アメリカは巨額の貿易赤字を減らすため2国間のFTA=自由貿易協定の交渉入りを迫る構えです。これに対し、TPP=環太平洋経済連携協定の枠組みを目指す日本が、圧力をどうかわすのかが焦点です。アメリカが持つ最大の交渉カードは輸入自動車への追加関税です。発動されれば日本の自動車メーカーに大きな打撃となりますが、アメリカは、この対象から日本を除外することなどと引き換えにFTAの締結や、農産物の市場開放などを要求してくる展開が考えられます。こうしたなか、日本がアメリカの圧力をかわすため、海外でのインフラ整備などに投資する政府系ファンドを作るという案も浮上しています。新たな基金はアメリカ国内のインフラ整備を資金面で支えるほか、日米が共同で受注する第三国でのインフラ開発にも資金を投じます。
続きを読む