大塚家具株主総会前日

2015/03/26(木)23:00
大塚家具の経営権を巡り、繰り広げられてきた大塚勝久会長と、久美子社長の父娘によるお家騒動。あすの株主総会で多数をとったほうが社長となります。このタイミングで、会長の勝久氏を支持する勢力として現れたのがフランスベッドです。大塚家具と取引関係が長く、3%の株を保有しています。その背景には家具の販売店やメーカーが加入する家具経済同友会の支持表明がありました。家具経済同友会の幹部はWBSのインタビューにこたえ、一連の騒動が家具業界全体のイメージダウンになることを懸念し、また、久美子氏が提案する取締役メンバーに家具業界に精通する人物がいないことなどを批判しました。ただ、社員の支持は拮抗していて、従業員持株会のうち、態度を明らかにしていない65%は投票そのものを棄権する見通しです。
続きを読む